工場 部門紹介
横浜工場・横浜研究所
各部門の紹介:未来への確かな一歩のために夢のある「確かなものづくり」企業へ
部門紹介
横浜工場 生産部
横浜工場 生産部

横浜工場では、医薬用原料(注射用原薬、外用剤原薬、内服用原薬)、化粧品・機能性食品用原料並びに医療用医薬品を生産しています。原料の前処理、抽出、ろ過、濃縮、有機溶媒処理、ウイルス等の不活化処理、超ろ過・クロマトグラフィー等の精製並びに凍結乾燥、粉砕、充填など、生物由来の原材料から有用成分を抽出、精製し、製品化するまでの製造ラインに必要な設備を備えています。

横浜工場 品質管理部
横浜工場 品質管理部

原材料や製品の試験はもとより、工程管理試験の実施、トレンド確認などにより、製造に適した品質の原材料を用いて、期待される品質の製品が恒常的に製造されていることを日々確かめ、安心して使っていただける製品をお届けする品質管理を実践しています。

横浜工場 品質保証部
横浜工場 品質保証部

原材料の受け入れから製品の出荷までの一連のプロセスについて、GMP(Good Manufacturing Practice:医薬品の製造管理および品質管理の基準)に基づいて、品質保証を行っております。適切な製造管理・品質管理が実行出来るよう手順書の整備や記録のチェック、品質保証システムの継続的な改善を通じて、「確かなものづくり」のための品質向上に取り組んでおります。

横浜研究所 研究開発部
横浜研究所 研究開発部

横浜研究所では、新製品として三次元培養ヒト皮膚モデル「LSE-high」を販売いたします。「LSE-high」は、ヒト皮膚と類似構造 (表皮と真皮) を有した皮膚モデルです。本製品は、化粧品の成分、医薬部外品または医薬品 (外用剤) の主薬物の透過性をはじめとした各種皮膚評価に適しております。今後、三次元培養ヒト皮膚モデルの新製品及び新規評価系を開発し、皆様に貢献してまいります。

Copyright ROMAN INDUSTRIES Co.Ltd. All Rights Reserved.